斉藤和義を聴いています

妻が実家に帰って家で一人きりになると、なんだか音が無いと寂しくて、音楽を流しています。

 

f:id:aruba84:20150222105831j:plain

photo credit: 7dcp3086046-guitar-player via photopin (license)

 

ちょうど先日TSUTAYAでいろいろとCDを借りたところ。今は斉藤和義の「斉藤」を聴いています。「やさしくなりたい」目当てで借りましたが、他にもいい曲がありますねー。「Hello! Everybody!」は一日仕事が終わって疲れて帰っているときに聴くと元気が出てきますし、「メトロに乗って」、「月光」はゆったりとした優しい気持ちになれます。

斉藤和義は元気な曲も優しい曲も作っていて、曲のバラエティがあるのがいいですね。斉藤和義本人のキャラクターも、あの力が抜けた感じがとても好きです。

斉藤和義の曲をはじめて聴いたのは、大学の時にカラオケで友達が歌っていた「歌うたいのバラッド」。すごくいい歌詞で、友達の歌で感動したのを覚えています。それ以来、めちゃくちゃハマるという感じではないのですが、なんとなく斉藤和義の曲を聴くことが多くなりました。

まだあまり斉藤和義を聴いたことがないという方は、まずは是非ベストアルバム「歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007」を手にとってみてください。

 

歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007 Box set Box set

歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007 Box set Box set

 

 

充実の3枚組。たっぷり斉藤和義を堪能できます。優しい気持ちになれるのが「やわらかな日」「空に星が綺麗」、考えさせられるのが「君の顔が好きだ」「君は僕のなにを好きになったんだろう」、曲調が好きなのが「ベリーベリーストロング~アイネクライネ~」。

どちらかと言うと最近の方の曲が好きなのかもしれません。「ウエディング・ソング」で一気に認知度が上がって、その辺りから曲調も昔より一般受けしやすいキャッチーなものが増えてきた気がするのは、僕だけでしょうか。でも、なんか通ぶれなくて悔しいんですけど、僕、キャッチーな曲調の方が好きなんですよねぇ。

広告を非表示にする

スポンサーリンク