読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊婦定期健診で指摘を受けました

出来事

妻は妊娠8ヶ月目に入ったところです。昨日、妻と一緒に妊婦定期健診に行ってきました。

 

f:id:aruba84:20150201230004j:plain

photo credit: Sebastien.Cheniclet via photopin cc

 

これまで特に大きな問題もなく赤ちゃんは順調に育ってきました。これまでの検診で一番不安に思ったのはトキソプラズマの抗体反応が大きかった時です。トキソプラズマ寄生虫で、妊娠初期に妊婦が寄生された場合、赤ちゃんの脳や目に障害が生じる可能性が高くなってしまいます。

 

妊娠時 寄生虫 "トキソプラズマ"の危険 | 健康・医療 | NHK生活情報ブログ:NHK

 

ただ、2回目の抗体検査で問題無し(妊娠初期の寄生ではなく妊娠前の寄生であった)と判定されてホッとしました。妻は生レバーが大好きで、販売が禁止されるまで良く食べていたので、それで寄生されちゃったのかと思います。

他に指摘を受けたのは、体重増加のペースくらいでした。妻はよく食べるので。

このように特に不安になることも少なく妊娠期間を過ごしてきたのですが、今回の検診では一点、指摘を受けてしまいました。どうやらへその緒に余計に捻れている部分があって、血の溜まりが出来てしまう可能性があるとの事でした。血の溜まりが酷くなると母体と胎児の間の栄養や酸素のやり取りが不十分になって、胎児に悪影響が出るそうです。ただ、現状は問題ないので今後注意して経過を見ていきましょう、との事でした。

家に帰って調べてみたら、どうやら「臍帯過捻転」という状態のようです。


臍帯過捻転とは?原因、症状、兆候、治療法、予防法まとめ - こそだてハック

 

病院で説明を受けた時はそこまで気にしていなかったのですが、上記サイトを読んでいるとなんだか不安になってきました。ただ、上記サイトにも書いていますが、現在特に治療法、対処法は無いようです。ですので、病院で言われたとおり注意して経過を見ていくしかありません。胎動が弱っていないかチェックするようにし、今後の検診の間隔も短くしていくかもしれません。

人によっては気になって仕方が無くなるような検診結果だと思うのですが、一緒に説明を受けた妻には、今のところ特に気にしている様子は見えません。こういう時、楽天家というか、肝の据わった妻で、本当に有難いです。僕の方が救われてしまっています。

「赤ちゃんの個人差だと思って、気にしすぎないで大丈夫です」と丁寧に優しく説明してくださったお医者さんのおかげもあると思います。有難いことです。

運動を控える必要も無いとのことだったので、とりあえず今まで通り過ごしていきます。今日は近くのイオンで赤ちゃんグッズを見てきました。無事に産まれてきてくれることを願っています。

スポンサーリンク