VAIOのスマホ「VAIO Phone」が発表されました

ついに、VAIOスマホが発表されましたね。当初は1月発表だったのが、延びに延びて本日発表。僕はガラケータブレットの2台持ちをしており、スマホは必要無いと思っているので、VAIOスマホも購入することは無いだろうとは思っていたのですが、いったいどんなモノなのか気にはなっていました。

VAIOといえばデザインの格好良さ、ということでデザインに期待していましたが、発表された端末のデザインはこちら。

f:id:aruba84:20150312222950j:plain

デザインは正直、普通ですね。VAIOのロゴがかっこいいくらい。もうちょっと個性的なデザインが出てくるのかと思っていました。

スペックは、以下の通り。

OS :Android 5.0
サイズ :約 141.5mm×約 71mm×約 7.9mm
ディスプレイ :HD:720×1280
質量 :約 130g (リチウムイオンバッテリー含む)
カメラ :背面 13 メガピクセル CMOS、サブ 5 メガピクセル CMOS
CPU :1.2GHz クアッドコア
内蔵メモリ :16GB RAM 2GB
バッテリー :2,500mAh
SIM サイズ :マイクロ SIM
テザリング :対応

VAIOスマートフォン発売決定のお知らせ

おサイフケータイ機能やワンセグ機能といった日本独自の機能はありません。「VAIO Phone」はミドルレンジ向けという位置づけで、旧世代のプロセッサとなっているようで、スペック的に大きなアピールポイントは無いようです。

で、ちょっと調べてみると、実はこの「VAIO Phone」、パナソニックが海外で販売しているLTE端末「ELUGA U2」と筐体が共通しているようです。つまり、筐体は使い回してロゴとカラーだけ変えているみたいです。なんだかなあ。VAIOなんだから、もうちょっと独自性にこだわってほしかったです。


日本メーカー初ロリポップ。パナソニック、Androidスマホ「ELUGA U2」を正式発表、台湾市場へ投入 – すまほん!!

 

しかも「ELUGA U2」の価格が254ドル(約3万円)であるのに対して、VAIO phoneは5万1000円・・・。ブランド料というやつでしょうか?

うーん、期待が大きかっただけに、なんだかがっかり感がすごいです。ソニーから独立したVAIOの本気具合が見れるのかと楽しみにしていたのですが、正直裏切られた感じです。ネット上での評判もイマイチのようですね。

明日2015年3月13日より販売開始だそうですが、果たして人気が出るでしょうか・・・。


VAIO® Phone | b-mobile

広告を非表示にする

スポンサーリンク