読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽のおかげで思い出は鮮明になる

音楽と思い出の関連づけの力はすさまじいものがあると思います。

ある場面、ある状況でたまたま聴いていた音楽を、ずっと時間がたってから聴き直してみると、とても強い力で当時の情景や気持ちがはっきりと思い起こされてきます。

 

f:id:aruba84:20150301164858j:plain

photo credit: rainbow maker via photopin (license)

 

もともと僕はそれほど音楽を聴かない方で、学生時代も流行りの歌には疎かったです。それでも、テレビで流れていたり、兄が聴いていた音楽は耳に入ってきて、それがきっかけで好きになった曲もありました。

自分の中で一番思い入れのあるアーティストは小松未歩です。名探偵コナンのアニメの主題歌になっていて、一時期はそれなりに名前も知られていたと思うのだけれど、事務所の方針なのかマスコミ露出も全く無くて、今では殆ど知っている人はいなくなってしまったのではないかと思います。ずいぶん前に活動も休止してしまいました。はっきりとした引退発表は無いけれど、おそらくもう活動を行うことは無いんだろうな、と思います。最後に発表された新曲のタイトルは「happy ending」でしたし・・・。

アニメの主題歌になっていた「謎」をきっかけにアルバムを聴いてみて、その中に、当時好きだったDEENの「君がいない夏」も収録されていて、それが小松未歩の提供曲であったことを知り、いよいよ小松未歩というアーティストが好きになりました。

 


【CD】小松未歩 謎 - YouTube

 

小松未歩がコナンの主題歌になった少し後の時期には、同じ事務所に所属していたGARNET CROWというアーティストの曲がコナンの主題歌となって、これを兄が気に入ったようでよく聴いていて、そのうち僕も聴くようになりました。

大学受験時代は、ほぼほぼ小松未歩GARNET CROWを聴きながら過ごしていたように思います。自分の部屋で勉強しているとき、自転車で塾へ通うとき。小松未歩GARNET CROWの曲を聴くと、大学という場に憧れをもって(モテない小中高時代を過ごしていた自分には大学デビューという淡い夢もあって)、毎日勉強して、それこそ高校3年の後半は食べるか寝るか勉強かという過ごし方をしていたことを思い出します。これからの未来に希望を抱きながらの勉強だったから、それほど苦痛ではありませんでした。

勉強の甲斐あって合格できて、いざ大学に入って、結局憧れのモテモテ大学デビューというのはできなかったけれど、それなりに楽しく過ごすことはできました。それでも当時はあまり充実していた時間を過ごせていない自分が不満で、小松未歩を聴きながら、受験であんなに頑張っていた自分を少し誇らしく思うとともに、今の自分のふがいなさに落ち込んだりしていました。小松未歩の曲を聴くと、そういった記憶も蘇ってきます。

大学入学前後の記憶はだいたい小松未歩GARNET CROWの曲とリンク付けられています。楽しい思い出も、そうじゃない思い出も。

社会人になって、音楽を聴く時期と聴かない時期を繰り返すようになって、というか聴かない時期の方がだいぶ多くなってきているんだけれど、今経験している出来事や感じている気持ちをずっと未来にも鮮明に思い出せるように、なるべく音楽を聴いていきたいなあと思います。

広告を非表示にする

スポンサーリンク