読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高還元率クレジットカードの代表格、漢方スタイルクラブカード

調べたこと

我が家はクレジットカードを使ってポイントを稼いで、少しでも節約できるよう頑張っています。スーパーやコンビニでの買い物も、外食も、通販でも、あらゆる場面で出来る限りクレジットカードで支払うようにしています。少額でカードを使うときはちょっと恥ずかしいですが、積み重ねが大事ですからね。

 

f:id:aruba84:20150206005241j:plain

photo credit: MasterCard credit card via photopin (license)

 

使っているカードは高還元率で有名な「漢方スタイルクラブカード」。クレジットカードについて少し調べたことがある人なら、一度は耳にするカードかと思います。


薬日本堂 漢方スタイルクラブ KAMPO STYLE CLUB

 

漢方スタイルクラブカードでは、2000円利用ごとに7ポイントが付与されます。ポイントは、クレジットの支払いに使える「Jデポ」というものに交換できます。1ポイントあたり5円分のJデポと交換出来るので、還元率は7*5/2000*100=1.75%!ここまでの高還元率カードは他になかなか見当たりません。だいたいのカードが0.5%や1%の還元率です。Jデポ以外にも、ANAマイルへの還元率が1.05%となっている点もポイント高いですね。

リクルートカードプラス」というクレジットカードは還元率2%と、「漢方スタイルクラブカード」よりも高いのですが、リクルートサービスの中でしかポイントを利用できないのが欠点です。ホットペッパーじゃらん等、リクルートのサービスをよく利用する人にとってはこちらのカードの方が良いかもしれません。


【リクルートカード(Recruit Card)】リクルートのクレジットカード

 

本日、漢方スタイルクラブカードのサービス改定の案内が届いていました。

1つは、ポイント交換単位が500ポイントから300ポイントへ変更(2015年3月1日より)。交換レートは代わりません。より少ないポイントから交換できるようになったので、使いやすくなりました。

もう1つのサービス改定は、nanacoクレジットカード利用時のポイント付与が2000円7ポイントから2000円1ポイントへ変更(2015年6月1日より)。こちらは悲しいニュースですね。かなりの減額となってしまいます。僕自身はあまりnanacoは利用していなかったのであまり影響は無いですが、nanacoは税金や公共料金の支払いに使えるので個人事業主の方などがよく利用されていると聞きます。そういった方には辛いニュースとなってしまいました。nanacoをよく利用するなら、上記の「リクルートカードプラス」を使った方がいいですね。

節約のために、クレジットカードの情報も常に新しいものを取り入れていきたいものですね。

スポンサーリンク