楽天家で自由な妻

日付が変わる少し前。妻がパソコンとタブレットを前にして身構えていました。画面はTOHOシネマズのページ。

何かと思えば、ミスチルの映画の初日分のチケット販売が0時00分から始まるのだそうです。そこまでしないといけないのか…。

事実、0時00分になった途端、ホームページはアクセスが難しくなりました。妻と同じようにホームページに張り付いていたファンがたくさんいることが分かりました。結局僕がパソコン担当となり、端っこですがなんとか席は取ることが出来ました。

 

f:id:aruba84:20150128015333j:plain

photo credit: Flickred! via photopin cc

 

妻はミスチルがずっと好きで、かなり熱のこもったファンです。昔はライブツアーを追っかけたりしていたみたい…。ライブツアー中は曲目も一緒だろうに、複数の会場まで行ってしまう気持ちが僕にはちょっと理解できません。

妻は好きなことに熱中して打ち込む性格で、そういう性格自体はとても素晴らしいと思うのだけれど、ミスチル好き具合にはちょっとついていけない、引いてしまうことがあります。

今一番頭を悩ませているのは、3月半ばのミスチルライブに行こうとしていること。妊娠34週目ですよ?しかも移動は飛行機。普通の神経なら、絶対行かないと思うのですが。何かあるといけないから止めてくれとお願いしても、聞く耳持たず。前回の妊婦検診のときに先生に聞いてみて、「34週以降はなるべく動かないほうがいい」と言われたのに、特に気にしてない様子。「そりゃお医者さんはそう言うよ」とのこと。専門知識もないくせに、その自信はどこから来るんだよ。

リスクがある事を自覚して、覚悟の上でリスクをとろうとしているのなら、まだ話は分かります(そもそもリスクをとるべきところではないと思いますが)。でも、「万が一のことがあったらどうするの?」と聞いたら、「縁起の悪い事言わないで!」との返答。コイツ、馬鹿なのか…?

妻の楽天的で自分のやりたいことをやっていくスタイルは、自分の今までの生き方とは大きく違うもので、だからこそそこが妻の魅力でもあり大事にしたいと思っている部分なのですが、どうしても噛み合えないところでもあります。今回ばかりは無理にでも止めないといけないのかもしれません。

もうちょっとお腹が大きくなってきたら自粛してくれるようにならないかな、と淡い期待を抱いているのですが、多分、そんなタマではないだろうな…。

いったい僕はどうしたらいいのでしょう?

広告を非表示にする

スポンサーリンク