身に覚えがない口座ログインの恐怖

今日何気なくメールを確認したら、怖いメールが来ていました…。ネット銀行からのメールでした。

 

f:id:aruba84:20150117010651p:plain

 

僕はこんな時間に口座にログインしていません。昼休みも終わって、気だるく働いていたと思います。ああ、パスワードが流出したか…?恐る恐る口座を確認したところ、特に振込などはされていませんでした。慌ててパスワードを変更して、ちょっとだけ落ち着きました。

どうしてこんな身に覚えのないログインが発生したのか考えてみて、ふと思い当たったのが「マネーフォワード」でした。「マネーフォワード」は資産管理・家計簿ツールで、銀行や証券会社などの複数の金融機関の口座を登録することで、一括で情報を管理できるツールです。自分の資産状況を簡単に把握できるので、利用していました。


マネーフォワードの特長|マネーフォワード

 

マネーフォワードのよくある質問を確認したところ、こんなものが見つかりました。

登録している金融機関から、ログイン履歴に関するメールがありました


マネーフォワードではサービス提供のため、
定期的にお客様に代わり自動的に金融機関の
お客様のオンライン口座にアクセスしております。

そのため、お客様がログインしていない時間も、
当社からアクセスが行われる際、下記のようなログインに関するメールが
金融機関から送信されることがございますので、ご了承下さい。

「以下のログインがありました。 
ログイン日時 201X/0X/0X 12:00:00」

なお、当社からのアクセスであるかに関しましては、
金融機関からのご連絡の時間と、金融機関設定画面における
最終取得時間が一致するかにより、ご確認いただけます。

マネーフォワードが口座情報取得のためにログインしたという事でしょうか?実際に時間を確認したところ、銀行からの連絡時間は13時16分、マネーフォワードでの最終取得時間が13時15分となっていましたので、可能性が高いと思われます。

ここまで分かって、だいぶ安心してきました。

でも銀行の過去のログイン履歴を見ると、毎日のように覚えの無いログインが…。これもマネーフォワードなら良いのですが、それだと何故今日に限って銀行から警告メールが来たのかがよく分かりません。

とりあえず状況をマネーフォワードに連絡して、回答を待つことにしました。ああ、一抹の不安が残ってしまいました…。

ネットの怖さを思い知った一日になりました。セキュリティ対策の大事さを改めて痛感しました。今は無料のウイルスソフト「アバスト」を使っているのですが、ちゃんと有償の製品を買ったほうがいいんでしょうか。


アバスト! |ウイルスに対抗するセキュリティソフトの無料ダウンロード

 

「アバスト」は、無料といってもウイルス情報は更新されますし、スパイウェアのブロック機能もあるし、結構しっかりしているものだと安心していたのですが。有償製品との差ってどれくらいあるもんなんでしょう…。

とりあえず「アバスト」でPC内をスキャンしたところ、ウイルス、スパイウェアは発見されませんでした。よかった、よかった。

 

f:id:aruba84:20150117014040p:plain

 

=======================================================

続きの記事を書きました。


住信SBIネット銀行のメール配信サービス - OG BLOG

広告を非表示にする

スポンサーリンク