読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴールデンボンバーの歌と億男と図書館について

会社の先輩と一緒にカラオケに行きました。ゴールデンボンバーをたくさん歌ってくれたのですが、「ローラの傷だらけ」とか、「元カレ○ス」とか、面白い歌がたくさんありました。「女々しくて」しか知らなかったけど、他にも沢山いい歌があるんですね。紅白で3年連続「女々しくて」を歌うことについて、ネット上でファンが不満を漏らしているのを見かけましたが、ちょっと気持ちが分かりました。この前のミュージックステーションでのパフォーマンスも面白かったし、個人的に気になるアーティストになってきました!


「ゴールデンボンバー/ローラの傷だらけ Full size(音声モノラル64kbps)」 - YouTube

 

カラオケ前に立ち寄った本屋で、「億男」という面白そうな本を見つけました。

億男

億男

 

読みたいと思ったのですが、ケチな僕はどうしてもまず図書館で借りれないかを調べてしまいます。調べたところ、残念ながら予約いっぱいで借りれるまで半年はかかりそうな感じでした。人気のある書籍はなかなか借りれないので残念ですね。図書館の電子書籍化が勧めば、予約とか気にせずに一気にたくさんの人が借りることができるようになるのでしょうか。それとも著作権上の制限とかで、誰かがダウンロードしてる間は他の人はダウンロード出来ない、とかになるのでしょうか。せっかくの電子書籍の意味が無くなるような気がしますが。図書館に本を入れる時に通常より多い料金を出版社に払うことにするとか、すればいいのかな。利用者が便利に使えるようになって欲しいですね。

結局、図書館で借りることもなく、本屋で買うこともなく、心残りのまま終了。情報の鮮度とか、読みたい気持ちの鮮度を考えたら、とりあえず本屋で買うのがいいんでしょうかね。そうは思うのですが、ケチくさい自分がいます…。

広告を非表示にする

スポンサーリンク